1. 会員サポートトップ
  2. Q&A(よくあるご質問)
  3. メール
  4. メールサービス
  5. @niftyメール

@niftyメール

Q&A詳細

質問
  • 参照数 参照数5
  • お役立ち度 お役立ち度3
  • Q&A番号 13864

エラー番号:0x800CCC78が表示されてメールが送受信できません。「送信者の電子メールアドレスが拒否されたため、メッセージを送信できませんでした。」

回答

以下の原因が考えられます。

  • メールアカウントのメールアドレスの設定に間違いがある。
  • 外部ネットワーク経由での利用の場合、メール送信時の制限がかかっている。
  • POP before SMTPの制限を受けている。
  • メールアカウントが破損している。

以下の対処方法をご覧ください。

対処方法

メールアカウントのメールアドレスの設定を確認する

メールアカウント設定を確認し、送信者のメールアドレスを正しいものに修正してください。
入力間違いなどにより、存在しないドメインが指定されていないかご確認ください。

メールソフトの設定方法を教えてほしい。

外部ネットワーク経由での利用の場合、SMTP認証の設定を行う

メールアカウント設定の [ サーバー ] にて、[ このサーバーは認証が必要 ] にチェックを入れてください。
ただし、@niftyアクセスポイント経由で利用の場合には、このチェックがなくても送信サーバーを「smtp.nifty.com」にすることで送信可能となります。

詳しくは以下をご覧ください。

メール送信時の制限について

auひかり回線を利用の方は、SMTP認証が必ず必要になります。

POP認証後に送信を行う

送信ができない場合、POP認証(メールを受信)をした後に、送信を行ってください。
問題なくPOP認証が行われたら、約10分間SMTPサーバーを使える許可がおります。

詳しくは以下をご覧ください。

メール送信時の制限について

メールアカウントを作り直す

上記の方法で改善しない場合は、メール設定の作り直しをお試しください。
削除方法については、以下リンク先の利用のメールソフトから「アカウントの削除」をご覧いただき、現在のアカウントを削除した後に、アカウントの新規設定を行ってください。

メールソフトの設定方法を教えてほしい。
  • メールソフトによっては、アカウント削除を行った場合、アカウントに含まれるもの(受信トレイ、送信トレイ、送信済みアイテムなど)も一緒にすべて削除されてしまう場合がありますので、ご注意ください。

  • これまで利用していたメールアカウントに 「 サーバーにメッセージのコピーを残す 」 の設定している場合は、メールサーバーにメールは残ります。
    新規に作成したメールアカウントにも同様の設定を行う必要があるか確認し、必要に応じて設定を実施してください。
    設定方法については、以下のページをご覧ください。

    複数のパソコンで1つのメールアドレスを併用する方法を教えてほしい。

アカウント削除後の設定方法については、以下をご覧ください。

自動で設定する方法

@niftyメール設定ツールにて自動で設定いただけます。
以下のページで@niftyメール設定ツールのダウンロードを行い、設定方法をご確認ください。

@niftyメール設定ツール

※ 上記ページにて、動作環境をご確認の上使用してください。
メール設定ツールをご利用いただけない場合は、手動で設定を行ってください。

※ @niftyメール以外のセカンドメールなどを設定される場合は、自動設定ツールがご利用いただけません。
あわせて以下のページをご覧いただき、手動で設定を行ってください。

@niftyで提供しているメールサービスでメールソフトの設定をします。設定値を教えてほしい。
手動で設定する方法

手動でアカウントを設定する場合は、以下のページより利用のメールソフトの項目をご覧ください。

メールソフトの設定方法を教えてほしい。

とにかく、すぐにメールを見たい、送りたい場合

お急ぎでメールの送受信が必要な場合は、一時的に、@niftyのホームページより「Webメール」にて代用いただくことが可能です。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

Webメールのメール送受信方法について教えてほしい。

Webメールのご利用には、@nifty ID / ログインパスワードが必要です。
IDやパスワードを忘れてしまってログインできない方は、以下をご覧ください。

参照の多いQ&A 注目のQ&A 最新のQ&A